スポーツマウスガード


中山歯科ではこの度、スポーツマウスガードの提供を始めました。

お子様から成人までコンタクトスポーツに限らずあらゆるスポーツでのマウスガードの装着をお勧めします。

その理由は、

スポーツ外傷の予防が第一。

噛み合わせを安定させるため。

噛む力はスポーツ中に発揮されるパワーに大きな影響を及ぼします。しっかり奥歯で噛み締めることでよりパワーが出ると言われています。その噛む力を直に受ける歯を保護することも大切です。

身体のバランスを安定させるため。

歯と歯がきちんとした位置で噛み合うことで顎、頭の位置が安定し腰の位置の安定に繋がるのです。身体のバランスが安定するということは安定したパワーの発揮、身体の安定感の増強に繋がります。

オリンピックも近づきスポーツ界以外でも賑わいを見せていますが、スポーツマウスガードの使用規定においても着用義務が新たに追加されたスポーツもあります。
今年の4月からは、着用義務スポーツにフィールドホッケーが追加されることになりました。
一部着用義務スポーツではラグビー、フィールドホッケーの対象年齢に中学生も含まれています。まだまだ成長期であるお子様の歯、顎や脳をスポーツ外傷から予防する意味でも着用検討をお勧めいたします。


==以下は現時点での着用義務化されている競技スポーツです。==

着用義務:ボクシング、ラクロス、キックボクシング、アメリカンフットボール、テコンドー、総合格闘技、フィールドホッケー(2020年4月から)


一部着用義務:ラグビー(13−19歳)、アイスホッケー(U20)、フィールドホッケー(中学のみ)、空手(組手)、インラインホッケー(18歳以下)



マウスガード製作依頼や問い合わせは中山歯科にいつでもご相談ください。